ホーム > 蔵元紹介
創業二百年の歩み

蔵元紹介

笛木醤油 歴史と歩み
寛政元年創業 伝統200年の味と技

創業は寛政元(1789)年。江戸時代から川越藩の穀倉地帯として栄え、四方を川に囲まれ、豊かな自然に恵まれた川島の地で醤油づくりをはじめました。

以来、伝統的な醸造方法を守り続け、厳選された丸大豆、小麦、天日塩のみを原料とし、大きな杉の桶で1年から2年かけてゆっくりと発酵熟成させて育みます。焦ることなく時間をかけてつくる醤油だからこそ、奥ゆかしい香り、まろやかさのある醤油を生み出すことができています。

特に「金笛」の名で知られる濃口醤油「金笛醤油」「金笛丸大豆醤油」は時代が変わっても好評いただいている商品。二夏を通し、時間と共に塩のかどがとれて丸くなり、醤油本来の旨味が引き立っています。

また独自の技術を用い、旨味成分をそのままで食塩のみを50%カットした「金笛減塩醤油」、二度の醸造を行い、手間をかけた「金笛再仕込醤油」も昨今好評を得ています。

さらに、現在は、時代のニーズに合わせ、「金笛醤油」を基本にした様々な商品開発にも取り組み、「金笛春夏秋冬だしの素」、「金笛胡麻ドレッシング」など、食卓を健康で豊かにする商品をお届けしております。

紹介記事pick up

「職人醤油」

全国各地のこだわり醤油を100mlで販売する 「職人醤油」でご紹介いただいています。

「醤油本」

醤油を見つけて、醤油を知り、醤油を楽しむ本「醤油本」の 「心に響く蔵元」でご紹介いただいています。

会社概要

社名
笛木醤油株式会社
所在地
本社:〒350-0152 埼玉県比企郡川島町上伊草660
TEL 049-297-0041 FAX 049-297-5978

川越店:〒350-0063 埼玉県川越市幸町10-5(一番街「大沢家」隣)
TEL 049-225-6701 FAX 049-225-6702
事業内容
醤油の醸造および販売
自然食品および食品調味料等の製造および販売
役員
代表取締役社長 笛木 正司

沿革

寛政元(1789)年
創業
昭和48年
現在の笛木醤油株式会社に組織変更
昭和50年
米国食品医薬局(FDA)の許可取得、米国向け輸出開始
昭和55年
金笛減塩醤油販売開始
昭和62年
春夏秋冬のだしの素発売
平成2年
本社事務所、分析室完成(翌年埼玉県景観賞受賞)
平成7年
川越店および飲食店うんとん処春夏秋冬をオープン
平成8年
胡麻ドレッシング発売
平成16年
第31回全国醤油品評会で日本醤油協会長賞受賞
平成29年
業界初となるHACCPに対応する国内の規格認証を取得
平成29年
関東農政局・関東経済産業局の地域産業資源活用事業に「埼玉県産大豆を活用したスイーツ醤油の開発」計画が認定