金笛のお勧めレシピ

フライパンで作る簡単ローストチキン

—————- 材料 —————
<材料> 2人分
・手羽元 … 6本
・水 … 200ml
・「春夏秋冬のだしの素糖質50%オフ」 … 40ml
・にんにく … 1/2かけ
・生姜 … 1/2かけ

—————- 作り方 —————
(1) 下準備
にんにくと生姜を擦りおろす

(2) 下味をつける
ビニール袋のなかに全ての材料を入れて30分置く。

(3) 焼く
フライパンに(2)を入れて蓋をし、中火にかける。5分経ったら蓋を開け、手羽元を時々ひっくり返しながら水分を飛ばす。水分がなくなり、汁がとろっとしたら強火にして焦げ目をつける。

—————- ポイント —————
時々ひっくり返しながら煮詰めることで照りが出ます。また、最後に強火で焦げ目でつけることで香ばしくなります。なお、手羽元を漬け汁のなかに漬け過ぎると、旨味が抜けてパサッとした食感になるので30分程度に留めておいてください。

子どもも喜ぶ!カレー鍋

—————- 材料 —————
<材料> 2人分
[ つゆ ]
・水 … 300ml
・カレールウ … 30g(葉物野菜が多い場合は40g)
・減塩醤油 … 大さじ1 + 1/2
・みりん … 大さじ1/2
・昆布 … およそ10cm角1枚

[ 具 ]
・キャベツ、ネギ、ブロッコリー、モヤシ、ウインナー、豚肉、厚揚げ、油揚げ、人参、ほうれん草、きのこ など

—————- 作り方 —————
(1) 鍋の具材準備
鍋の具を切る。

(2) 鍋のつゆを用意
鍋に昆布を入れて弱火にかける。沸騰直前で昆布を取り出し、つゆの材料を全ていれる。

(3) 具に火を通す
(2)に火が通りにくい具から入れ、中火にかけて火を通す。吹きこぼれそうになったら弱火にする。

—————- ポイント —————
簡単&たっぷりと作れるので、子どもが集まるパーティー料理にぴったり。通常のカレーより多種多様な具を入れて楽しめるので栄養バランスも◎。葉物野菜が多くて薄まったときはルーを足してください。〆でご飯やうどんを入れるとき、とろけるチーズを入れるのもお勧めです。ローリエを入れると大人の風味になり、みりんを多めに入れると甘口カレーになります。白菜や糸こんにゃくなど、鍋の定番食材よりも、ほくほくとしたカレーに合う具材がやっぱり相性良し。

パーティにぴったり! 醤油でキャラメル風味のカナッペ

————— 材料 —————
<材料> 2人分
[ 基本の材料 ]
・リッツ 20枚
・生クリーム 50cc
・「笛木 減塩醤油」 小さじ1/2

[ デコレーション ]
・好みのフルーツ(写真ではイチゴ/パイナップル/ブルーベリー/キウイフルーツ)やハーブ(写真ではミント)
・「スイーツにかけるしょうゆ」

—————- 作り方 —————
(1) デコレーションの材料準備
お好みのフルーツを好みの形に切る。

(2) キャラメル風味の生クリーム作り
生クリームを泡立て、「笛木 減塩醤油」を混ぜる。

(3) 飾る
リッツの上に(1)と(2)、「スイーツにかけるしょうゆ」で飾る。

—————- ポイント —————
生クリームに「笛木 減塩醤油」を混ぜるだけでキャラメル風味に! また、泡立てた一部の生クリームのみに「笛木
減塩醤油」を混ぜ、プレーンとキャラメル風味の2種類の生クリームを用意すると、2種類の生クリームを楽しむことができますよ。

生しょうゆ薫る焼きおにぎり

<材料>

  • ごはん 適量
  • 鰹節 お好み
  • 再仕込生醤油  数滴と仕上げ用にお好みの量

—————— 作り方 —————

鰹節に、お醤油ほんの数滴。
ごはんにさっくり混ぜておにぎりに。
固くなりすぎない程度に表面をこんがり焼いて、仕上げに(うちには刷毛がないのでスプーンで)お醤油ひと塗り。
両面二度ほど。
表面の香ばしさと、中に染みたお醤油を鰹節が更に引き立てます。
 
■具や、みりん、発酵バターなどはお好みで。鰹節には、お醤油だけで十分かと。
■フライパンによっては、クッキングシートを。

——————————————————————

 

アスパラガスの焼き浸し

<2人前材料>

  • アスパラガス ひと束
  • 太白ごま油 小さじ2程度
  • 水 150ml
  • 春夏秋冬のだしの素  大さじ1

 

—————— 作り方 —————

1) アスパラガスは下1cm程度を切り落とし、残りの長さの下1/3の皮をピーラーでむいて4〜5cmの長さに切ります。

2) 鍋に分量の水とめんつゆを入れて中火にかけ、沸騰したら火を止めます。フライパンに油を入れて火にかけ1)を焼きます。

3)アスパラガスに火が通った順に 2)の鍋に入れて浸します。浸して10分程度たったらお皿に盛り付けて、上から浸したつゆを注ぎます。