蔵元からの便り

「ご当地サタデー」生中継されました!

おはようございます、女将の小春です。

サッカー、ご覧になりましたか?

私も末娘の夜泣きに付き合いつつ、観戦しました。

さて、先週23日に、八木亜希子さんがメインMCを務める『ご当地サタデー』(Jcom)の生中継がありました!

 

川島町のシティプロモーションということで、夏の郷土料理「すったて」や、川島町が県の生産量1位を誇る「いちじく」なども紹介されました。

リポーター役は元ジョーダンズの山崎まさやさん。

杉桶での醤油のもろみのかいつき作業にも挑戦してくださいました。

 

ぜひご家族で!とスタッフさんにおっしゃっていただき、3人の息子、末娘、私も、ちょっとだけ出演。

シャイな長男はしぶしぶ、気ままな三男は逃亡、しっかり者の次男はインタビューも堂々と。

末娘も泣かずに映れ、よい記念になりました。

(最後に山崎さんにいじられる三男)

 

スイーツにかけるしょうゆ、新発売!

早くもセミの鳴いている川島町より、女将の小春です。

夏!といえば、アイス、かきごおり、冷たいスイーツ。

そんな夏にぴったりの「スイーツにかけるしょうゆ」を7月1日より新発売!

あまいのにしょっぱい、絶妙な味は新感覚のおいしさ。

思わず笑顔になっちゃいます。

バニラアイスにかけるとひとかけで至福の味わい。高級アイスに変身です。

ヨーグルトやパンケーキ、フレンチトーストなどにも。

チーズたっぷりのピザにも意外と合います。

今回、ラベルは8種類も!(中身は同じです)

笑顔あふれるおいしさを表現しました。

にこにこさんがいたり、やんちゃくん、おとぼけさんなど、お気に入りの1つを探してみてください。

(デザインは川越の若手デザイナー1taro graphicsさんに依頼)

顔の表情を自分で描きこめるオリジナルラベルもご用意。

メッセージも描きこめるので、ギフトにもおススメです。

この「スイーツにかけるしょうゆ」、昨夏に川越の老舗和菓子屋「福呂屋」さんとコラボした

「しょうゆかき氷(上記写真)」が開発のきっかけ。

絶妙なおいしさに、お客様から商品化のご要望がたくさん寄せられました。

量産化するにはいろいろなハードルもあり、またさらなるおいしさを求めて試作を繰り返し。。。

福呂屋の若旦那、鈴木さんには何度も金笛までお越しいただき、改良を重ねました。

そして、ようやくこの夏、皆様にお届けすることができました!

ぜひご賞味ください!

《販売場所》笛木醤油 本店&川越店

《容量・価格》100ミリ・540円(税込み)

 

新桶初しぼり、現在品切れです

梅雨明けかと思うほどの暑さですね、気づけば紫陽花も色あせ、夏はもうすぐそこ。

女将の小春です。

6月7日より限定販売している新桶初しぼり、シリアルナンバー入りの500mlはおかげさまで完売いたしました。

ギフトに、記念にとお買い上げくださった皆様、大変ありがとうございました。

そして、100mlも現在、在庫切れとなっております。

7月上旬には販売再開予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

新商品「新桶初しぼり」を限定販売!!

2016年に半世紀ぶりに新調した木桶。

この木桶に仕込んだお醤油『新桶初搾り 金笛笛木醤油 12代目笛木吉五郎新作』がとうとう完成いたしました。

JAいるま野さんとの契約栽培で、大豆は川越産 里のほほえみ、小麦は北本産 さとのそらを100%使用。

1年かけて発酵・熟成させた、火入れをしない生(なま)醤油です。

すっきりとした味わいながらもうまみ成分は高く、赤身のお刺身などによく合います。

魚の脂身に負けない、醤油のうまさや香りが、口の中いっぱいにひろがります。

この『新桶初搾り』完成をもって、当社社長が『12代目吉五郎』を襲名致します。

(金笛醤油は、代々、当主の納得のいくお醤油が完成した時に「吉五郎」を襲名することになっています、歌舞伎のようですが)

今年9月8日の創業祭で襲名式を執り行う予定ですので、そちらもお楽しみに!

また、川越の氷川神社にて『新桶 初しぼり 奉納式』を執り行って頂きました。

奉納式後には、境内にあります江戸時代に川越地方の醸造家一同が建てたお宮、醸造の神様の松尾神社へも参拝をいたしました。

醤油の原料である大豆や小麦を作ってくれる大地や自然、地域への感謝、畏敬の念を忘れることなく、これからも精進して参ります!

新桶初しぼりは、ネットショップでもお買い求めいただけます。

500ミリ2160円、100ミリ540円(税込)です。(別途、送料と代引き手数料を頂戴します)

また、地元の丸広百貨店では、100セット限定で『新桶初しぼり 金笛笛木醤油12代目吉五郎新作 とだしの素ギフトセット』を販売いたしております。

”100年先につなげる木桶仕込みのクラフト醤油”として、日経新聞や埼玉新聞にもご紹介いただき、

予想以上に多くの方にお買い求めいただいております。

ご興味のある方は、ぜひお早めに!

 

 

2018大豆からみんなで醤油をつくろう!大豆種まきイベント参加者募集!

昨年に続き、今年も大豆の種まきからみんなで醤油をつくる食育イベントを開催します!

日時;7月8日(日)10:00~13:00頃

場所:横田農場(比企郡小川町青山1376-3)

費用:大人1,000円 こども500円(未就学児無料)

持ち物:長靴、軍手、タオル、汚れてもよい服、飲み物、着替え、虫よけ、帽子

申し込み方法:代表者氏名、人数、電話番号を下記までご連絡ください。

電話049-297-0047 ファックス049-297-5978 メールinfo@kinbue.jp

締切:7月5日

 

ご参加、お待ちしております!!