蔵元からの便り

大豆の種まきイベント開催!

今日もものすごーく暑いですね、、昨日は猛暑の中、30名のかたにご参加いただき、小川町の横田農場にて、大豆の種まきイベントを開催♪ご参加の皆様、横田さんはじめ有機農家の皆様、どうもありがとうございました!


半反(150坪)の体験予定でしたが、皆様の手際の良さとやる気により、一反(300坪)の種まきがお昼までに完了!
大豆の種まきって、「お豆」そのものを植えるんですよ。(私は昨年苗じゃないんだと知り驚きました)
まっすぐ植えられるよう、ぴーんと張ったロープに沿って豆を植えていきます。


そのあとはお楽しみのランチタイム。
有機食堂「わらしべ」さんの美味しいオードブルと、竹を使った流しそうめんを召し上がっていただきました!
次回は10月15日(日)、とれたてのあま~い枝豆を楽しめます!
小川町のクラフトビールもご用意できたらなぁと計画中。
ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

金笛笛木醤油12代目若旦那ブログ「はんつ遠藤さん 週刊大衆8月第一月曜日発売号 美味巡り極うま麺に掲載」

昨日、フードジャーナリストの「はんつ遠藤さん」が

笛木醤油川越店うんとん処春夏秋冬の取材ということで

お越し頂きました!!

『週刊大衆8月第一月曜日発売号 美味巡り極うま麺 全国のおいしい麺料理やさん6軒』の中で、川越店がご紹介されます!! ぜひご覧になって頂ければ

幸いです!!

 

f:id:kinbue:20170711053140j:plain

 

はんつ遠藤さんと取材の中で、麺業界のお話や美味しいお店をご紹介頂きまして

本当に勉強になりましたし、さらに自分の夢や目標が広がっていったように感じます。

すごく刺激を受けました!!

 

もっともっと勉強しなければいけないことがたくさんあります!!これからも向上心をもって精進していきます。

 

それでは本日これから早朝会議、全体朝礼、営業会議と会議が続きますが、

有意義な会議となるようはりきって参ります!

 

 

今週末7月9日(日)開催!大豆の豆まき、しませんか?

7月になり、今年も折り返し。今日の埼玉の最高気温予想は36度!ですが、いかがおすごしでしょうか。

今日は、今週7月9日(日)に開催予定のイベントのお知らせ!

「安心安全な醤油・ふるさとの味を100年先に伝えたい」、そんな笛木醤油の想いに共感いただいた小川町の有機農家さんたちと、大豆の種まきから収穫、醤油の仕込みまでを体験できるイベントを開催することになりました。

 

金笛 笛木醤油12代目若旦那ブログ「しょうゆもの知り博士の出前授業」

先週6月16日(金)三郷市瑞木小学校にて「しょうゆもの知り博士の出前授業」を行ってきました!

 

f:id:kinbue:20170620091947j:plain

小学3年生を対象に2時限目と3時限目の2コマ担当させて頂きました。

 

f:id:kinbue:20170620092246j:plain

 

日本醤油協会が毎年全国で実施している。その内容には家庭科や理科、社会、国語など様々な側面がありますが、最大の特徴は「見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐ」の五感を通して学ぶ「体験型学習」であることです。

 

また、実物の原料の大豆・小麦などを見て触ったり、実験やクイズなどがあったり、

毎回好評を頂いております!

 

子どもたちと楽しく醤油について学べる時間はかけがえのない時間で、本当に嬉しいです!出前授業を通して、子どもたちの食育に繋がればと考えております。

 

f:id:kinbue:20170620092605j:plain

 

「出前授業」の申し込み方法は、実施希望月(曜日)、学校名、担当教諭の氏名、学校の住所、電話番号、FAX番号を明記し、FAXで「出前授業」事務局(しょうゆ情報センター)までご応募下さい!

 

 

 

金笛 笛木醤油12代目若旦那ブログvol.4「伸びるほど頭を垂れる稲穂かな」

今週は木曜日に、7月9日の青山在来大豆の種まきイベントの打ち合わせを行った後、埼玉県小川町にあります横田農場さんで小麦の収穫を手伝わせて頂きました!

 

f:id:kinbue:20170617225608j:plain

黄金色に色づき、一面に広がる小麦畑は本当に美しい光景でとても感動しました!

 

初めての収穫の作業は慣れなくて少し大変でしたが、いっぱい汗をかき、とても清々しい気持ちになりました。横田さんとも小麦の生育や今年の状態についてなど色々とお話をさせて頂き、とても勉強にもなりました。

 

f:id:kinbue:20170617225940j:plain

 

貴重な体験をさせて頂きまして本当にありがとうございました。毎年継続してお手伝いさせて頂きたいと考えております。

 

f:id:kinbue:20170617225959j:plain

子どもたちの世代に残していきたい、伝えていきたいと強く感じました。

 

少し垂れた稲穂を見て、「伸びるほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉がぴったりだなと感じました。

 

謙虚さと感謝の気持ちを大切にこれからも精進していきます!

 

 

 

17 / 18« 先頭...10...1415161718