イベント

醤油蔵のレストランが開催されました!

4月8日、『1日限りの醤油蔵のレストラン』を新桶の諸味が醸す中開催しました!!

  • Jpeg

    Jpeg

ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました!!

『本物』をテーマに川島町のお米・イチゴ・金ゴマなどをはじめ、埼玉県のこだわりの食材をパレスホテル大宮 毛塚智之シェフとバー・ケセラ 田坂行英オーナーに美しく彩って頂きました!

醤油とフレンチのマリアージュ、そして醤油とチョコレートのカクテルなど、醤油の新たな可能性を教えていただきました。

Jpeg

Jpeg

また4月がバースデーの若旦那には、田園レストラン実行委員会のメンバーの皆様から素敵なサプライズプレゼントも!

Jpeg

本当にありがとうございました!!

 

9月8日、創業祭を開催します!

今日は夏のような陽気でしたね!もろみの発酵もグングン進んでいます。

さて、恒例の創業祭229周年を9月8日(土)に開催いたします。

2016年から続いてきた「木桶づくり」も今年はスケールアップ!

今までの5石からなんと20石にチャレンジします。

さらに、同じ比企地域のときがわ町の木材を使用しての木桶づくりに!

(これまでは奈良県の吉野杉でした)

そしてそして。。。

ついに、≪12代目吉五郎≫襲名式も執り行います!!

”自分自身が納得する醤油ができたときに襲名する”という金笛の習わし、

20石の大桶とともに、襷をつなぐ襲名式、ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。

当日はほかにも、新商品の販売を予定しています。

2016年に作成した木桶の初しぼり醤油や、スイーツ醤油も販売する予定です。

また詳細は随時お知らせいたしますので、今からご予定をあけておいてくださいね!

「皆で醤油をつくろう!」大豆収穫の巻

おはようございます!
笛木醤油では、『皆で醤油をつくろう!』と題し、埼玉県小川町の有機農家さんたちに協力いただき、大豆づくりから始める醤油づくりにチャレンジしています。
一般の方にもご参加いただき、2017年7月、大豆の豆まきからスタート。
そして11月26日、ついに収穫!となった様子を動画でお伝えします。

f:id:kinbue:20171208012032j:plain


横田農場さんでは、昔ながらの農機具を大切に使われていて、
足踏み式の脱穀機や手回しの選別機など、まるでピタゴラスイッチのようで


皆で醤油をつくろう!大豆収穫の巻


我が家の息子たちも大興奮でした。

これから動画も充実させていく予定です。

仕込みの様子などこんな動画がみたい!などご要望があればぜひコメントお寄せくださいね。

ユーチューブチャンネルにもぜひいいね!してくださーい!

秋の紅葉とジビエも楽しめる大豆収穫イベント開催!

大豆からみんなで醤油をつくるプロジェクトもいよいよ、大豆の収穫が近づいてきました!

10月中旬には青々としていた大豆畑も、先週末にはすっかり黄金色に!

後は葉が落ちれば収穫OKの状態です!

f:id:kinbue:20171107113317j:plain

10月の大豆畑は緑がまぶしかった、枝豆おいしかった!

f:id:kinbue:20171107113503j:plain

畑もすっかり黄金色に!さやの中には大豆が!

今回は大豆の「刈り取り」だけでなく、「脱穀」や「豆の選別」も体験できちゃいます。
ランチは小川町の有機食堂「わらしべ」さんのほか、小川町青山地区に伝わる「ひもかわうどん」をなんと!「鹿肉」入りでお楽しみいただきます。
小川町の里山の紅葉もきっと見頃だと思います。
参加ご希望の方は、下記までご連絡ください!
メール:kinbue@nifty.com

◎イベント概要◎

《日時》11月26日(日)10時~14時

《場所》横田農場(埼玉県比企郡小川町青山1376-3)

《参加費》大人3,000円、こども1,500円(未就学児は無料)※昼食付
《持ち物》長靴・軍手・タオル・飲み物・汚れてもよい服・着替え・帽子・虫よけ(必要であれば)
《受付人数》50名

枝豆収穫イベント開催!

昨日は笛木醤油未来へ繋ぐ100年プロジェクト第2弾 大豆づくりからみんなで醤油を作ろう!『小川町青山在来大豆の枝豆収穫イベント』を開催致しました。

足元の悪い中、ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました!!

収穫した枝豆をその場で茹でて食べたのですが、本当に甘くて美味しかったです!

 

また枝豆ごはんに、わらしべさんのランチ、さらには『麦雑穀工房マイクロブルワリーさん』のクラフトビールと盛りだくさんでした!

羽釜で枝豆ごはんをつくったのですが、

さやつきのまま炊いたほうがおいしいと教えていただきました。

豆の薫りが本当に広がって、甘さが口中にひろがります。

次回は来月、いよいよ大豆収穫です!

1 / 212